野菜でHealthy Life!

旬の野菜を存分に味わおう

日本では一年中野菜を食べることができますが、季節折々の旬の野菜も楽しむことができます。特に旬の野菜が多いのは春です。
よく知られているのは春キャベツで、ビタミンが豊富に含まれているために免疫力強化として風邪予防になったり、コラーゲン育成によって美肌効果も期待できます。スープにしたりロールキャベツにして、煮汁まで美味しく味わうことができる食べ方がおすすめです。
また新玉ねぎも春は旬な時期なので、盛んに栽培されており、血液をサラサラにしてくれる効果が存分に期待でき、動脈硬化の予防につながります。家族の健康のためにも、毎日の献立に取り入れてみることをお勧めします。
これら以外にも、春はタケノコやアスパラガスなどがよく栽培されており、春野菜をふんだんに使ったサラダやパスタなどが限定メニューとして、レストランなどに登場しています。
自宅でもできるレシピも多いため、自然の恵みを生かした献立を是非自分でも作って味わうことが良いでしょう。

旬の野菜について

野菜には旬があります。大きく分けると、夏野菜と冬野菜に分けられます。旬のものは、味だけでなく栄養がたっぷり凝縮されています。
夏は春植えの株が、冬は秋植えの株が、実をつけたり葉が大きくなって収穫されます。そう考えると、自ずと旬はいつかがわかります。
春植えは、トマトやナス、ピーマン、きゅうり、ゴーヤ、オクラなどの太陽の好きな実の物が中心です。春に植えるので、収穫は初夏〜真夏にかけて行われます。サツマイモも、生育のためには地中の温度が高くなる必要があるので、春植えの秋収穫となります。
秋植えは、大根や法蓮草、白菜、キャベツなどの葉物や根菜が中心です。冬の季節に、鍋の材料となるものが多いのでわかりやすいです。
今ではビニールハウスの中で、温度や湿度の管理をしながら育てられており、スーパーなどでは、季節を問わず多くの種類が並んでいます。しかし、日本の四季に合わせて育った野菜の方が、本当の旨味や甘味がより感じられます。

recommend

レザー 財布

最終更新日:2018/3/23